ペットロスを乗り越えて

ペットロスを乗り越えて 目次

ペットロスを乗り越えて

愛犬の苦しむ姿に耐えられず、安楽死を望む飼い主もいます。

しかし、最近では犬の終末医療も進化していて、投薬などで苦痛をやわらげられます。

動物はたんたんと最期まで生きようとします。

ヨロヨロしながらも、外出すれば草や道ばたのにおいをかいでいます。

どうか、生きたいと願う犬の気持ちを大切にしてやりたいものです。

いよいよそのときを迎えたとき、あなたは体の一部を失ったような喪失感を覚えるでしょう。

ただ時間が過ぎるのを待つしかないときもあります。

愛するものをなくした悲しみは、あなたがどれだけその動物を大切にして、愛してきたかの証です。

涙がかれるまで泣きましょう。

そして、けっして自分を責めないでください。

生前、どんなにペットによくしてあげていても、飼い主は悔やむものです。

あなたの愛犬は、あなたの笑顔が一番好きだったはずです。

たとえそのとき、死んでしまいたいほど悲しくても、愛犬と出会えたことと、いっしょに過ごした生活は本当に幸せでかけがえのない時間だったでしょう。

あなたに愛された犬たちは、とても幸せだったと患います。
ヘットロスにおちいったら

最愛の犬を失ったストレスで、精神的に落ちこむ「ペットロス」になる飼い主が増えています。

精神的なショックから、飼い主に脱力感、めまい、胸の痛み、胃の痛み、疲れ、食欲不振、睡眠障害などの症状が現われます。

まずは、涙がかれるまで思い切り泣きましょう。

そして、犬をきちんと供養してあげましょう。

今までに撮った写真を使って、アルバムをつくることもおすすめします。

写真を撮ったときのことや、そのときの風景はきっと楽しい思い出になっています。

そうやって、愛犬への気持ちをはき出していきましょう。

同じ思いを過ごした友だちに、犬の思い出を聞いてもらうことも大切です。

体を動かして気分転換をすることも大切です。

体をこわさないよう、食事もきちんと摂りましょう。

最近では、ペットロスになった飼い主の相談にのる動物病院も増えていると聞きます。

愛犬がいなくなったことを受け入れていくのはとても時間がかかるものです。

あなたの気持ちも時間とともに落ち書いていくでしょう。

愛犬との出会いを感謝できるようになるまで、ゆっくりと無理をせず愛犬が旅立ったという事実と自分の心に向き合い、悲しみを癒していきましょう。

ページトップへ戻る

   [スポンサードリンク]
   

メニュー

Copyright(C)老犬のケアと介護 All Rights Reserved.