老犬の介護の仕方

老犬 介護の仕方

介護が必要になったら

 愛犬介護のなかで、配慮が必要であり、また特に気をつけたいのが、排尿・排便のケアです。

  これまではトイレで排泄していたのに、いたるところでおしっこをするようになったり、あるいは、自力での排泄ができなくなるなど、状態や程度によって違いはありますが、ケア(介助)が必要になってきます。

トイレ関係の介助のポイントとしては、
・叱らない
・失敗しにくい環境を整える
・介護しやすい工夫をする
・尿や便をもよおしやすくする
などが挙げられます。

 とくに失禁がみられるようになった初期の段階に注意したいのが「叱らない」ことです。

 犬にはもともと、外敵から身を守るためにおいを残さない、自分の寝床は汚したくないという本能があります。

 ですから、失禁してしまい、においを残してしまったり汚してしまうことは、犬にとってもきまりの悪いものなのです。

 また、犬のフライド、尊厳という言葉を耳にすることがありますが、たとえば寝たきりになっても、犬は自力で歩きたい、排泄したいという意欲があるものだといわれています。

 叱られた犬は、人がいるところでおしっこをすると叱られるものだと思い、我慢したり、隠れて排泄するようになってし事もあります。

 失禁は、病気が原因の場合は治療よって改善することも多いのですが、加齢によるものであれば、焦らずにつきあっていくことが大切です。

 もう一つ気をつけたいのは、おしっこをもらすからといって、飲み水を制限するのは禁物です。

 脱水症状や食欲不振を起こし、返って体調を崩してしまう可能性があります。

  はずかしい話ですが、先代のラブラドールは下半身不随だったため、トイレは介助が必要でした。

  大も小も自力で出来ないため 、小はカテーテルを入れて朝と晩に吸引してやり、大はこれも小の後に人間の赤ちゃんの便秘と同じ要領でコヨリをして出していました。

  ですが、やはり留守の間には眼が届かなかったり、郵便屋さんが来たりして玄関の外に人の気配があると興奮して粗相をしてしまうのです。

  すると、自分の周りをキレイにしたいと思うのか、過去に叱られたことがショックだったのか、食糞するようになり、仕事を終えて帰ると、明らかに形跡が残っていたこともしばしばでした。

  やはり、犬は犬なりに申し訳ないとも思うんでしょうね。

  叱ってはいけない、というのは身をもって体験しました。
トイレの環境を整える

 排尿・排便がうまくコントロールできなくなりた犬には、叱るよりも、できるだけ失敗しにくい環境を整えてやることが大切です。

 たとえば、愛犬が排尿や排便をしたいそぶりを見せなくても、1日に何度か時間を見計らってトイレにうながしたり、朝起きたときや夜寝る前にトイレタイムを習慣づけるなどして、しばらく様子をみるのもひとつです。

 また、足腰が弱っている場合は、トイレまで連れて行って、更にお尻を支えてやる、など介助も必要かもしれません。

 移動場所が少ないようにトイレの場所を変えたり、部屋をバリアフリーにするなど、犬の住環境自体を見直してあげることも考慮して見ましょう。

 外でしか排泄していなかった犬が、散歩のときだけでは間に合わなくなった場合、室内にトイレを設置するのも、失敗しない環境を整えるひとつり方法です。

 サークルなどで囲った場所にペットトシーツを敷くだけで、簡里にトイレを作ることができます。

 ただし、いきなり家の中のトイレでさせようとしても。その習慣がないため、しつけが必要になります。

 犬がそわそわして、排泄しそうなそぶりを見せたときに、トイレスペースに連れて行き、排泄するまで近くでさり気なく持ちます。

 そこで排泄することができたら、排泄後にやさしくほめましょう。

 それを繰り返せば、その場所で排泄することに慣れていきます。

 根気よく続けてみましょう。

 この時、ニオイなどが気になり、トイレをバスルームの近くや家の奥まった場所に設けたくなるかもしれませんが、不便なところや寒くて暗いところにあると、犬はどうしてもトイレに行くのがおっくうになり、ギリギリまで我慢して粗相をしてしまうこともあります。

 失敗しにくい環境を整えるために、できるだけ犬がいつも寝ている場所の近くにトイレを設置するなどの工夫も必要です。

 トイレの場所を複数設けてみるのも、効果的かもしれません。

 新しくトイレを設ける場合は、広さにも配慮しましょう。

 シニア犬は狭い場所でからだの向きを変えることがだんだん難しくなったり、ケージで飼っている場合は、その中でからだの向きが変えられず、犬がトイレから出られなくなることもあります。

  今までよりも広めのスヘースが必要です。

 寒い時期には犬もトイレが近くなり、シニア犬はとくに寒さに弱くなるうえ、冬場は寝床を離れにくくなるので、おしっこを我慢してしまうこともあります。

 からだを冷やすとトイレの回数が増えることも考えて、冬は洋服を着せたり、毛布のように保温性のあるものをシーツ代わりに敷くなど、体温を保つ工夫が必要です。

ページトップへ戻る

   [スポンサードリンク]
   

メニュー

Copyright(C)老犬のケアと介護 All Rights Reserved.