老犬の健康管理

老犬(高齢犬)とは

“老犬”だと、しょぼくれて如何にも老いぼれているようなので“高齢犬”、“シニア犬”でも、好きに呼び名は変えて頂いて結構です。
 
 当サイトでは、わかり易く老犬として表示していきたいと思います。
 通常、犬は中・小型犬は生後3年で人間の28蔵くらいまで成長し、その後は1年で人間に換算すると約4年分の年をとるといわれます。

 7歳の犬は人間でいえば44歳にあたります。

  体力は徐々に衰え、肉体や行動に老化のきざしが見られるようになります。

 最近は飼育環境の変化やドッグフードの品質の向上により、以前は10歳前後といわれた犬の寿命が、15歳前後まで伸びてきました。

長寿化することで悪性腫瘍など、老化と密接にかかわる病気にかかる犬も増えています。

 病気は早期に発見できれば、大事に至らずにすむケースが多くあります。

  飼い主は病気に関する知議をもち、愛犬が7歳を過ぎたら、今まで以上に犬の肉体や精神の変化に気をつけることが大切です。

 愛犬が元気で後半生が暮らしやすいよう、生活環境や食事も見直しましょう。

 7歳を過ぎると病気など、犬の健康面でもさまざまなトラブルが起きやすくなります。

 犬が7歳を過ぎたら、年に2回の健康診断を受け、少しでもいつもと変わったようすがあれば獣医師に相談をしましょう。

 7歳を超えた犬の健康診断では、それまでの血液検査、尿・糞便検査などに加えて骨関節炎や甲状腺機能のチェック、眼底検査、神経検査、胸部の検査などを行ないます。

  さらに、犬が健康なときに、犬の血液型も調べておきましょう。

 不意の事故やケガ、病気などで輸血することがあります。

 正しい血液型を事前に知っておくことは非常に重要です。

 飼い主は愛犬の血液型を把握しておきましょう。

 犬も7歳を過ぎると運動量が減り、筋肉量も低下するため、エネルギーの代謝率が低下します。

  そのため1日に必要なエネルギー量が少なくなるので、若いときと同じカロリーを摂取すると、余分なカロリーはたくわえられて肥満となります。

 犬が7歳を過ぎたら、食事をシニア用に切り替えましょう。

 犬が高齢化すると、タンパク賞や脂肪の必要量は減るのですが、ビタミンの必要量が増えます。

 シニア用のドッグフードには、これらの必要量がバランスよく含まれていますし、カロリーが低いのも特徴です。

 犬にストレスを与えないよう、フードの切り替えは時間をかけて徐々に行ないます。

 それまで食べていたドッグフードにシニア用のフードを混ぜ、毎日少しずつその割合を増やして、3ヶ月くらいかけるつもりでゆっくりと切り替えます。

 老化にともなって犬が病気になったときは、食事を各病気に対応した処方食に切り替えます。

 動物病院では糖尿病や心臓病、腎臓病、肝臓病などに対応した食餌を処方できるので、相談してください。

 手作り食を与えている人は、今まで以上に栄養バランスやカロリーを意識して、調理をしましょう。

 必要に応じては、サプリメントの使用もおすすめです。

ドコサヘキサエン酸(DHA)は血しょう中の中性脂肪を低下させ、脳の代謝を活性化します。

  また、アガリクスはガンに効果があるとされます。

 各種ビタミン剤やサプリメントは、獣医師の診断のうえで治療の補助として使います。

 過剰投与は弊害もありますので、自己流で処方をするのはやめましょうね。

ページトップへ戻る

   [スポンサードリンク]
   

メニュー

Copyright(C)老犬のケアと介護 All Rights Reserved.